妊活サプリを上手く活用して「妊活」を成功させましょう!

 

妊活を成功させる為に必要な成分を「妊活サプリ」で摂取しましょう!

 

「赤ちゃん」を授かる為の活動を最近は、「妊活(妊娠活動)」と呼ばれています。その任活をサポートしてくれるサプリメントが妊活サプリです。

 

妊活サプリの働きには大きく分けて【2】つあります。一つは、「妊娠しやすくするサプリ」。もう一つは、「胎児の健康の為のサプリ」です。中には、同時に【2】の働きを期待できるサプリも有ります。

妊娠しやすくする妊活サプリ

文字通り、妊娠しやすくする為のサプリメントです。代表的の成分としては、「マカ」などがあります。女性ホルモンや男性ホルモンなどの働きを、促進することで妊娠しやすくします。

 

胎児の健康の為の妊活サプリ

不足していると胎児に影響を与える成分を補給する為のサプリメントです。主に、「葉酸」を補給する為のサプリメントです。葉酸が不足していると、生まれてくる赤ちゃんに「ダウン症他の脳障害」が発生するリスクが高まります。それを防止する為に、【厚生労働省】は、妊娠の可能性がある方は、葉酸をサプリなどで十分に補給するように推奨しているほどです。

 

次から、「胎児の健康の為の妊活サプリ」と「妊娠しやすくする妊活サプリ」について解説していきます!

 

胎児の健康の為の妊活サプリ

不足していると胎児に影響を与える成分を補給する為のサプリメント!

 

主に、「葉酸」を補給する為のサプリメントです。

 

「葉酸」の摂取が必要な分け!

「葉酸」の摂取は「胎児の異常(精神管閉鎖障害)」のリスクを減らす為に必要な成分です。

 

「精神管閉鎖障害」は、受胎後28日ごろでできてくる胎児の神経管に障害がおこり、無脳症(むのうしょう)、二分脊椎(にぶんせきつい)、髄膜瘤(ずいまくりゅう) などが生じてしまう病気です。

 

しかし、受胎前後に、「葉酸」を十分に摂取した場合は、「胎児の異常(精神管閉鎖障害)」のリスクを減らす事が、分かっています。その為、胎児の神経管形成期(受胎前後の期間)には、十分な葉酸を摂取することが望ましいと世界的にも言われています。

 

日本でも、「厚生労働省」が、食事で葉酸の摂取するとともに、健康食品(サプリなど)でさらに「葉酸」を補うように、推奨しています。

 

最近の米国等の報告では神経管閉鎖障害の発生リスク低減に関して、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養食品からの葉酸摂取が勧告されいること等の理由から、当面、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、精神管閉鎖障害の発生リスクが集団として見た場合に低減することが期待できる(引用:厚生労働省資料より)

 

「葉酸」を食事に加えて摂取する期間

胎児が「精神管閉鎖障害」のリスクを減らす為には、妊娠前から「葉酸」を十分に摂取しておく必要があります。

 

つまり、任活を始めた方や、妊娠の可能性の方は、いつもの食事に加えて「健康食品(サプリなど)」から、葉酸の摂取を【かならず」始めなければいけません。

 

「葉酸」の追加摂取は、妊娠後3か月までは必ず行なうことが望ましいと言われています。

「葉酸」の追加摂取の期間: 妊娠の約一カ月前〜妊娠後3か月まで

但し、「厚生労働省」では、【妊娠後3か月以降〜授乳中】についても、葉酸の量を減らして、いつもの食事に加えて「健康食品(サプリなど)」から、葉酸の摂取を推奨しています。(詳しくは下記「葉酸の摂取量」を参照)

 

葉酸の摂取量

任活を始めた方や、妊娠の可能性の方は、いつもの食事に加えて「健康食品(サプリなど)」から葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)を1日【+400μg】摂取するのを推奨されています。

 

さらに、妊婦の方は【+240μg】、授乳中の方は【+100μg】の「健康食品(サプリなど)」から葉酸摂取を推奨しています。

 

18歳〜49歳までの通常時の女性は、食品から、【240μg】の葉酸摂取を基準値として摂取を推奨しています。基準通り食事から摂取出来た場合は、合計で次のような摂取量になります。

一般の女性(18歳〜49歳) 食品【240μg】+健康食品(サプリ)【0μg】=合計【240μg】
任活中・妊娠の可能性のある女性(妊娠一か月前〜妊娠後3か月) 食品【240μg】+健康食品(サプリ)【400μg】=合計【640μg】
妊婦(妊娠後三か月〜出産) 食品【240μg】+健康食品(サプリ)【240μg】=合計【480μg】
授乳婦

 

食品【240μg】+健康食品(サプリ)【100μg】=合計【340μg】

また、厚生労働量では、食事と健康食品(サプリなど)から摂取する葉酸の合計が、1日【1000gm】を超えないように警告しています。

 

(引用:厚生労働省資料より)

 

葉酸の摂取方法

「葉酸」を摂取するには、食事から摂取する方法と、健康食品(サプリなど)で摂取する方法があります。

 

健康食品(妊活サプリなど)で摂取

健康食品としての、「葉酸サプリ」は、厚生労働省が推奨する葉酸量1日【+400μg】を摂取するを考えて製品化されていて、1日数粒で【+400μg】を補えますし、「妊娠3か月以降や」、「授乳中」などは、粒数を減らして飲むことができる葉酸サプリ(任活サプリ)がほとんどです。

 

注意しなければいけないポイントが、【1】つあります。それは、葉酸の吸収率です。

 

市販される葉酸サプリ(妊活サプリ)の原料なる葉酸の種類によって体内への吸収率が、異なるという点です。葉酸の種類には、主に【3】種類あります。

 

合成葉酸

文字どおりで合成により作られた葉酸です。葉酸の型は「モノグルタミン酸型葉酸」と呼ばれるもので、体内への吸収率は、「約85%」と高いのが特徴です。

 

「労働厚生省」が健康食品として推奨している「葉酸」は、この「モノグルタミン酸型葉酸」の事です。推奨されてる1日【400μg】についても、吸収率「約85%」を基準にして設定された数値であると考えられます。

 

食事に加えて摂取する葉酸の量【400μg】をしっかり守りたい方は、「モノグルタミン酸型葉酸」を選んでください。

天然葉酸

葉酸の成分が豊富に含む食材から、抽出した葉酸です。天然葉酸の型は「モノグルタミン酸型葉酸」とも呼ばれるもので、体内への吸収率は、「約50%」で他の葉酸(合成葉酸、天然型葉酸)に比べて吸収率はよくありません。

 

天然葉酸を原料とする「葉酸サプリ」は、吸収率を考えて摂取しないと、思ったほど葉酸を摂取できていないと場合があります。しかし、天然由来の成分ということで、天然葉酸を支持する方も多いようです。

天然型葉酸

「天然葉酸」と「合成葉酸」の中間的な葉酸です。葉酸の型は、「モノグルタミン酸型」で、「合成葉酸」と同様です。体内への吸収率は比較的に高く「約85%以下」と言われています。

 

「厚生労働省」が推奨する、葉酸サプリで摂る量は、この「モノグルタミン酸型葉酸」の葉酸を推奨しています。

 

食事での摂取方法

食事で摂取です葉酸は、もちろん、「天然葉酸」です。その為に、身体への吸収率は、「合成葉酸」に比べて「約50%」と言われるほど低いものです。

 

また、葉酸が多く含まれている食材であっても、加熱したり、調理すると「葉酸」の含有量が【半減】してしまうとも言われています。

 

つまり、食事で葉酸を沢山、摂取したと思っていても思っているより意外と少ないと考えられます。

 

葉酸を豊富に含む主な食材

18歳〜49歳までの通常時の女性は、食品から、【240μg】の葉酸摂取を基準値として摂取を推奨しています。

枝豆(ゆで) 260μg (100g中の値:以下同じ) 
あさつき(ゆで) 180μg
モロヘイヤ(ゆで) 67μg
しゅんぎく(ゆで) 100μg
ブロッコリー(ゆで) 120μg
ほうれんそう(ゆで) 110μg
アスパラガス(ゆで) 180μg
オクラ(ゆで) 110μg

 

鳥レバ(生) 1300μg (100g中の値:以下同じ)
牛レバ(生) 1000μg
豚レバ(生) 810μg
イクラ(生) 100μg
うに(生) 360μg

葉酸の吸収率と、調理により半減する葉酸の含有量を考慮しながら、食品からの推奨摂取量【240μg】を目指しましょう。

 

妊娠時に不足しがちの栄養素

妊娠すると、すべての栄養が不足してきます。とくに不足する成分については、健康食品(妊活サプリ)で補うのも一つの手段です。

 

妊活サプリ(葉酸サプリ)には、これらの成分が配合されている商品が多くあります。

葉酸

胎児の異常(精神管閉鎖障害)のリスクを減らす為に摂取する成分ですが、「葉酸」には、新しい赤血球を作ったり、胎児の発育に大事な成分です。

鉄は赤血球を付くのに大事な栄養素で妊婦にはとても大事な栄養素の一つです。食事かたも取り易いので、食事を工夫するもの大事です。(多く含む食品:貝類、レバー、ナッツ類など)

カルシウム

胎児の骨など成長に欠かせない栄養素です。もともと日本人に不足していると言われている栄養なので、食品や健康食品(サプリなど)で十分に摂取する必要があります。

摂取しすぎに注意が必要な栄養素

妊娠初期に、【ビタミンA】の摂り過ぎには、注意が必要です。摂り過ぎた場合には、「胎児に奇形」を起こすリスクが高まると言われています。

 

但し、食品から摂取しているような量ではなく、サプリメントなど【ビタミンA】を大量に摂取した場合の話なので、少し注意すれば回避できると思います。

 

葉酸サプリ【妊活にオススメ】

 

ベルタ葉酸の特徴

モンドセレクション【金賞】受賞!売れてる!

モンドセレクション【金賞】受賞で品質にこだわっている世界品質の葉酸サプリです。4粒で葉酸【400μg】を摂取することができます。
葉酸以外にも妊婦が不足しがちな栄養分(鉄分、カルシウム、ビタミン・ミネラル等)もたっぷり配合されています。

葉酸の型は、吸収率の良い「モノグルタミン酸型」なので計画通りに摂取が出来ます。葉酸jは、「合成葉酸」を酵母で培養した「天然型葉酸」を採用しています。

価格 3980(定期初回)円
評価 評価5
備考 通常¥5980円(税込) 定期初回¥3980円(税込)
 
 

はぐくみ葉酸の特徴

オーガニックレモンの天然葉酸!

天然のオーガニック・レモンから抽出した葉酸を使っている葉酸サプリです。3粒で葉酸【400μg】を摂取することができます。また、葉酸以外にも妊婦に必要な成分(鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラル等)が配合されています。その成分がほとんどを天然由来にこだわっています。

葉酸の型は、「天然葉酸」で「合成葉酸」に比べて吸収率が約50%と言われているので、「葉酸が不足」しないように少し注意が必要です。

価格 1980(定期初回)円
評価 評価4.5
備考 通常¥6980円(税込) 定期初回¥1980円(税込) 2回以降¥3980円(税込)
 
 

女性100人の声から生まれた葉酸サプリの特徴

モノゲルタミン酸型葉酸(合成葉酸)にこだわった葉酸サプリ!

吸収率の高い「モノゲルタミン酸型葉酸(合成葉酸)」を採用している葉酸さサプリです。

食品由来のポリグルタミン酸型葉酸に比べ、体内での利用効率は約2倍!厚生労働省でも、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間は、通常の食事に加えて400μgのモノグルタミン酸型葉酸をとることを推奨しています。

価格 1800(税別)円
評価 評価5
備考 単品¥1800円(税別) 3か月分¥4800円(税別) 6カ月分¥8400円(税別)
 

妊娠しやすくする妊活サプリ

妊娠しやすくする為のサプリメント!

 

代表的の成分としては、「マカ」があります。

 

「マカ」には、さまざまな驚くような効果をもたらすことが分かっています。その中の一つに、「ママになりたい方を応援」する効果が期待できることです。

マカとは・・・

マカは、ペルーのアンデス山脈の高原、海抜4,000メートル以上の高地で生育、 栽培された植物でハツカダイコンによく似た形をしたアブラナ科の一種です。マカにはバランス良くビタミン、ミネラル、アミノ酸が含まれており、 その栄養価の高さからアメリカの宇宙飛行士の宇宙食としてマカが使用されています。

 

マカには、マカはアミノ酸、ミネラルなど豊富に含み「ホルモンバランスを整えてくれる」など、任活中の女性にとってうれしい働きがあります。

 

血中の「黄体形成ホルモン(LH)」の濃度が上がらないと、卵子の成熟化が開始できずに、排卵が難しい状態になると言われています。この「黄体形成ホルモン(LH)」は、ストレスの影響で血中の量が変動するとも言われています。

 

「マカ」の有名企業「ヤマノ」の作用の実験では、次のように、血中の「黄体形成ホルモン(LH)」の上昇を確認しています。

普通のエサを食べていたラットはホルモン数値が低いのに、「マカ」を食べていたラットの「黄体形成ホルモン(LH)」は、4.5倍に上昇し、妊娠可能な卵子の状態にする為に必要な卵胞刺激ホルモン(FSH)も19倍に上昇しました。(出典:マカについての共同研究ご紹介

 

(出典:マカについての共同研究ご紹介

 

「マカ」は、任活中の「女性」だけではなく、「男性」にも効果的です。夫婦一緒に「任活サプリ」として飲んで頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

 

任活サプリとして、「葉酸サプリ」にプラスして「マカ」を飲む人が増えています。

 

マカサプリ【妊活にオススメ】

 

ヤマノ JAS有機マカの特徴

先輩ママに支持されて16年の実績!

マカの専門店として16年の実績を誇るマカのパイオニアです。ヤマノのマカは、完全無農薬・オーガニックでJAS有機認定取得の本物の有機マカです。徹底した管理で安心して飲めるマカです。

ヤマノのマカサプリは、、マカ以外に何も入っていない純度100%にサプリです。

また、3種類のタイプ(粒、カプセル、パウダー)を揃えていて、長く続けられるようにも好みのタイプを選ぶことができます。

価格 1980(お試し)円
評価 評価5
備考 お試し¥1980円(税込9 通常¥3024円(税込)
 
 

ホットストア MACA(マカ)の特徴

有機JAS認証を取得の品質にこだわったマカ!

ホットストアの「マカ」は、有機JAS認証を受けた農薬や化学飼料を使用してない有機農法で育てられたマカを採用しています。

さらに、品質を安全性、放射物質の検査などを調べる為にに、「食品分析センター」に基礎栄養成分の分析を依頼し安全性の確認も徹底しています。

マカサプリは、100%無濃縮のマカ粉末を使い、マカが本来持つ多様な栄養素をそのまま摂取出来ます。

価格 3240円
評価 評価5
備考 単品¥3240円(税込) お試し¥1620円(税込)
 
 

ハグクミの恵みの特徴

日本産マカとアンデス産マカの2つを採用!

「ハグクミの恵み」は、アンデス産と国内産のマカを採用しています。国内産マカは業界の常識を打ち破り国内で農薬不使用栽培に成功しています。

国内産のマカには、月のリズムをサポートする為に不可欠な栄養素「ベンジルグルコシノレート」が、一般的なマカに比べて十数倍含有しています。

2つのマカを採用することで、今までになかったマカサプリを開発しました。




価格 2980(定期初回)円
評価 評価5
備考 通常¥7480円(税込) 定期初回¥2980円(税込) 二回目以降¥5984円(税込)
 

男性も妊活が必要!

任活は「女性」だけでなく「男性」も必要です!

 

妊活に成功して、赤ちゃんを授かるためには、夫婦の協力がとても重要です。協力なくして妊活は成功しないとも言えるでしょう。

 

男性にも妊活サプリが必要

男性にも、女性のように妊活サプリが必要なのでしょか?

 

実は、男性も女性と同じように、任活に【葉酸】を摂取したほうが良いというこが、アメリカの研究機関の研究で分かりました。

 

葉酸を摂取することで、「精子」の染色体異常を軽減させるということが分かりました。染色体異常の精子が多いと、受精の確立が下がるようです。

 

その為に、任活中は、通常よりも葉酸の摂取を増やしたほうが良い理由です。

 

男性の通常時の必要摂取量は、【200μg】ですが、任活時は、【240μh〜400μg】の摂取が好ましいと言われています。

 

奥さんと同じ、葉酸サプリで構わないので、一緒に飲むようにしましょう。

 

但し、一日の最大量【1000μg】は超えないように注意してください。

 

男性に必要な栄養素を補給する

男性の機能を高める栄養素を含む食品を積極的に食べましょう。特に、【亜鉛】は、男性ホルモンや精子を作るのに大切な栄養素だと言われています。

 

【亜鉛】が多く含む食品は次のようなものです。

  • 牡蠣(カキ)
  • うなぎ
  • 牛肉
  • チーズ
  • レバ
  • 大豆

食品で十分に補給できないと、感じている場合は、サプリメントなどの利用も検討してみてください。

 

生活習慣を改善する

男性機能を高めて元気な精子を作り出す為には、体の健康はとても大事です。その為、規則正しい生活と程度な運動は大事です。特に、睡眠は十分にとるようにしましょう。

妊活に参考になる関連情報

妊活に参考になる関連情報を紹介します!

 

【妊活】子づくり開始!まずはここから:NAVER まとめ
妊活!赤ちゃんが欲しい、子供が欲しい夫婦の基礎知識:病院・クリニック、医者を探すならドクターズ・ファイル
助産師が教える!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス:AMOMA よみもの
葉酸のおすすめランキング:葉酸サプリは妊活・妊娠中の女性を中心に沢山の人に飲まれてるサプリです。
プレママ必須の栄養素・葉酸の取り方:プレママタウン